副作用について

ローブレナによる治療中に、下記のような副作用があらわれる場合があります。副作用は早期に発見し、適切に対応することが重要です。
気になる症状や、体調の変化などがあらわれた場合には、速やかに担当医や看護師、薬剤師にご連絡ください。

重大な副作用
  • ・間質性肺疾患
  • ・QT間隔延長
  • ・膵炎
  • ・肝機能障害
  • ・中枢神経系障害
比較的多くみられる副作用
  • ・高脂血症
  • ・浮腫(むくみ)
  • ・ニューロパチー

重大な副作用

  • 肺のアイコン

    間質性肺疾患

    肺の間質と呼ばれる部位に炎症が起こる病気です。最初は風邪のような症状ですが、進行すると肺が線維化して呼吸ができなくなり、命に危険を及ぼすおそれがあります。
    主な症状として、息切れ、息苦しさ、から咳、発熱などがあります。このような症状があらわれた場合には、「ただの風邪」と思い込まずに、速やかに担当医にご連絡ください。

  • 心臓のアイコン

    QT間隔延長

    QT間隔延長は、心電図検査でみつかる異常で、軽い場合は症状はみられませんが、重度になると動悸がしたり、気を失ったりすることがあります。

  • 膵臓のアイコン

    膵炎

    膵臓に炎症が起こることがあります。急に胃のあたりがひどく痛む、吐き気、嘔吐などの症状があらわれます。お腹の痛みはのけぞると強くなり、かがむと弱くなることがあります。また、血液検査でわかることも多くあります。

  • 肝臓のアイコン

    肝機能障害

    肝臓の働き(代謝・解毒・胆汁分泌)がうまくいかなくなり、正常に機能しなくなることがあります。からだのだるさ、食欲がない、発熱、皮膚や白目などが黄色くなる(黄疸)、発疹、かゆみ、吐き気、嘔吐などの症状があらわれます。症状があらわれず、血液検査でわかることも多くあります。

  • 脳のアイコン

    中枢神経系障害

    • 忘れっぽくなるたとえば…
      • ものを置いた場所を思い出すのに時間がかかる
      • 人の名前がなかなか出てこない
      • 一生懸命覚えようとしても頭に入らない
      • いつも行っている家事の手順が分からなくなる
    • 感情が不安定になるたとえば…
      • イライラしやすい
      • 涙もろくなる
      • 不安になりがち(うつっぽい)
    • 言葉が出てきにくい
      • ろれつが回らない
      • 話すのが遅くなる
    • 視覚や聴覚に異常が出る
      • 光の残像が見える
      • 音楽が聞こえる

    これらの症状があらわれた場合には、医師の判断でローブレナの減量、休薬などの対応を行い、症状の改善・回復を待ちます。

    ※ここに書かれている症状は、これまでにローブレナを服用した患者さんでみられたものです。これが中枢神経系障害の全てではないので、普段と違う様子がみられたときには、担当医や看護師、薬剤師に相談してください。

比較的多くみられる副作用

  • コレステロールのアイコン

    高脂血症

    血中のコレステロール値やトリグリセリド値が高くなることがあります。通常、症状はあらわれませんが、高脂血症は動脈硬化の原因の1つであるため、進行すると、心臓や脳などの血液の流れが悪くなってしまうおそれがあります。
    ローブレナによる治療中は、定期的に脂質検査(血液検査)を行い、高脂血症があらわれた場合には、必要に応じて脂質降下薬を使います。

  • 足のむくみのアイコン

    浮腫(むくみ)

    血液中やリンパ液中の水分が血管・リンパ管の外に漏れ出て、皮下組織に溜まっている状態です。手足や顔がむくんだり、体重が増えたりすることがあります。

  • 神経のアイコン

    ニューロパチー

    末梢神経が障害され、手足に力が入らない、物をよく落とす、うまく歩行できない、などの運動・感覚のまひや、手足のしびれ・痛みなどの症状があらわれることがあります。

これら以外の副作用があらわれるおそれもありますので、気になる症状がある場合には担当医や看護師、薬剤師にご連絡ください。また、日々の体調管理には、服薬日誌をご活用いただき、通院の際に担当医や看護師、薬剤師にみてもらうことをお勧めします。

このページの先頭へ