ローブレナによる治療の対象となる方

ローブレナによる治療の対象となるのは、以下のような患者さんです。

手術でがんを完全に取り除くことが難しい非小細胞肺がん
かつ
ALK融合遺伝子をもっていることが検査で確かめられている
かつ
他のALKチロシンキナーゼ阻害剤で十分な効果が得られなくなった方、
あるいは副作用などにより服用を継続できない方

※正式な適応症:ALKチロシンキナーゼ阻害剤に抵抗性又は不耐容のALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん

このページの先頭へ