ローブレナによる治療を開始する前に

ローブレナは、ALK肺がんに対する他のALKチロシンキナーゼ阻害剤で十分な効果が得られなくなったり、副作用などにより服用を継続できなくなったりした場合の治療薬です。

薬の服用方法や副作用について、わからないことや不安なことがある場合、体調の変化などに気付いた場合には、担当医や看護師、薬剤師にご連絡ください。

※正式な適応症:ALKチロシンキナーゼ阻害剤に抵抗性又は不耐容のALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん

なお、次のような方はローブレナを服用することができませんので、治療を開始する前に担当医にお申し出ください。

ローブレナを服用することができない方
  • 以前にローブレナを服用し、アレルギー症状が出た方

    →再度服用することにより、アレルギー症状があらわれる可能性が高いと考えられます。

  • リファンピシンを服用中の方

    →肝機能検査値異常があらわれるおそれがあります。

下記の項目に該当する方は、ローブレナの服用にあたって注意が必要ですので、治療を開始する前に担当医にお申し出ください。

ローブレナを服用するにあたって
注意が必要な方
  • 市販されているものも含め、現在何らかの薬を使用中の方

    →薬の飲み合わせによっては、副作用の原因となったり、効果が出なくなったりすることがあります。

  • 他の医師または歯科医師による治療を受けている、またはこれから受けようとしている方

  • 間質性肺疾患にかかっている方、または以前にかかったことがある方

    →間質性肺疾患が発現、あるいは悪化するおそれがあります。

  • 肝機能障害のある方

  • 心電図検査でQT間隔延長といわれたことがある方

  • 妊娠中または妊娠している可能性のある方

    →胎児に影響を及ぼすおそれがあります。

  • 授乳中の方

    →授乳を中止する必要があります。

このページの先頭へ